看護と介護の違い

介護は、身体的・精神的なハンディや衰えによりお一人での日常生活で困難な方に対し、日常生活を安全かつ快適に営むためのサポートを行うものです。介護福祉士やヘルパーなどの資格を持った福祉の専門の資格を持った者がサービスを提供します。
看護は、病気や怪我などの治療や療養のサポートを行うもので、看護師や保健師などの医療の専門の資格を持ったものがサービスを提供します。
在宅介護・在宅看護では、点滴や服薬管理など医療の専門性が求められる場面が多く、家族だけで対応するのは負担も多く困難です。必要に応じて訪問サービスをご利用ください。

mitioi12_R

なお、みちおい訪問介護では、主治医の指示により、医療機器やカテーテルの管理・処置、服薬介助など、医療的ケアも提供し支援する事が可能です。

mitioi44_R

訪問介護 居宅介護サービス

こんな方がご利用頂いてます

慣れ親しんだ自宅を離れて新しい環境に移り住む事は、大きなストレスになる場合がありますが、自宅で訪問介護サービスを受けられるのであれば安心できるという方がご利用されています。
老人ホームなどの施設を利用する場合と比較して費用を抑えられる事も、利用者とそのご家族にとって大きなメリットとなっています。

mitioi49_R

提供サービス

サービス準備・記録等 健康チェック、安否確認、環境整備、相談援助等、サービス提供後の記録
食事介助 食事介助、特段の配慮をもって行う調理
入浴・清拭介助 全身浴、部分浴(手浴・足浴・洗髪)、清拭、洗面等
排せつ介助 排せつ介助、オムツ交換等
保清整容 口腔ケア、更衣の介助等日常的な行為としての身体整容等
移動・移乗介助 体位交換、移動・移乗介助、外出介助、通院介助
起床・就寝介助 ベッドへの誘導、起き上がりの介助等
通院・外出介助 通院介助(入退院は除く)、外出介助(日用品の買い物等)
服薬介助 配剤された薬の確認、服薬の支援・確認

ご利用方法

訪問介護の利用頂けるのは、要支援1~2、要介護1~5の方です。
要介護認定を受けていない方は、要介護度の認定を受けて頂く必要があります。
その後、ケアマネージャーがケアプランを作成しご利用の開始となります。
詳しくは、居宅介護支援のページを参照、または、区役所の窓口、地域包括支援センター、担当のケアマネージャーなどにご相談ください。

mitioi64_R

費用について

くわしくはこちらをご覧ください。

65歳以上で、要支援・要介護の認定を受けておられる「第1号被保険者」の方、また、40~64歳の方で、介護保険上「特定疾病」とされている末期がんや関節リウマチ等が原因で要支援・要介護の認定を受けておられる「第2号被保険者」の方は介護保険をご利用頂けます。
詳しくは下記の東京都医業健康保険組合サイトをご参照ください。

東京都医業健康保険組合サイト

営業日 ご案内時間

24時間・土日祝日に関わらずサービスの提供をおこなっております。

利用規約

下記ボタンよりダウンロードしてください。

利用規約.PDF

申込書

下記ボタンよりダウンロードしてください。

訪問介護申込書.PDF